カルレッツ® パーフロロエラストマーの圧縮永久歪み

カルレッツ®製品の圧縮永久歪みと耐熱特性

圧縮永久歪み率測定治具

圧縮永久歪み測定は、JIS K6301によって規定されており、図に示す様な測定用治具を使用してゴム試験片を圧縮して、その状態で所定温度、時間で高温放置を行い、その後直ちに治具より試験片を取り出し、次式により圧縮永久歪みを測定します。ゴムが熱により劣化し、弾性が失われると歪みの値が大きくなります。

フッ素ゴムは、200℃前後の温度から急激に歪みの値が大きくなるのに対し、カルレッツ®4079は300℃でも歪み率が50%程度です。また200℃での長時間圧縮歪みを測定した例では、カルレッツ®4079は長時間歪み率50%以下を保持しています。

カルレッツ®製品とフッ素ゴムの温度に対する圧縮永久歪みの状況比較(70時間)※

Material Tested 204℃ 250℃ 300℃ 325℃
Kalrez®7075 15 19 34
Kalrez®8475 23 30 45
Kalrez®4079 37 41 45
フッ素ゴム 43 100 Sample Failed

※ASTM D 395B & 1414 (214 Oリング)

カルレッツ®製品のメタル含有について

半導体業界では、昨今使用材料のメタル含有物について非常に敏感になってきています。これは微細化加工による製品の品質向上のためです。

デュポンエラストマー社でも、半導体用に含有物の少ないグレードの開発をおこなってきておりますが、ここでは、特にこの性能をあげた2つの材質、カルレッツ®9100とカルレッツ®8002をご紹介いたします。

カルレッツ製品のメタル含有率表

お問い合わせ

お問い合わせ

神戸本社

TEL
078-251-5300
FAX
078-251-5307
※FAXは2016年8月22日(月)より078-251-5307に変更となります。

東京

TEL
03-3662-1030
FAX
03-3662-1031

コタニ株式会社 本社は、
パッキン等シール製品の販売において、ISO 9001認証を取得しております。(JQA-QMA14990)

  • JQA-QMA14990 JAB CM009
  • JQA-QMA14990 UKAS 091