NKリングの装着説明

NKリング ガスケット(シール)

NKリングの正しい取り付けは、シールの寿命を長く持たせるためには欠かせません。
報告されたシール破損の90%は、取り付けやハウジングの設計などに問題があります。

溝内部

シールが変形するおそれがある為、NKリングを溝口径にはめ込むことは難しいことです。
いちばん良い方法として、リングを60~70℃のお湯に10分間浸します。
お湯からリングを取り出しすばやく、口径へ挿入し慎重にリング最先端部分を溝の奥へ移動させます。

NKリング ガスケット(シール)の装着説明図

その後、リングの後縁をしっかりと下部溝にはめ込み、リング先端部分を手前に引き戻しながら上部溝へ、パチンとはめ込みます。
リングがまだ暖かくて柔軟な間に、すぐ軸を挿入してください。

NKリング ガスケット(シール)の装着説明図

より小さなハウジングへの装着の際、特定の装着治具を利用する場合があるので、必要ならば、製造の詳細を御連絡下さい。

外部ピストン

NKリングを一体構造のピストンヘッドタイプの溝に取り付ける場合、「装着円錐」を利用することは可能です。
前述のようにリングをお湯に浸し、その後すばやく円錐に沿って均一に押しながら、溝へ落としはめ込みます。

NKリング ガスケット(シール)の装着説明図

矯正リングを用いて、外からの圧力を加えること、正しい直径に戻すようにすることが必要になるかもしれません。
これは、真鍮または硬質のプラスチックで作られた円錐が、いかなる端や角をなめらかにする事で可能になります。
溝の角で、もし、不完全にばりや鋭い端があれば、早期のOリングの破損の原因になるのを防ぎます。
もし、ハウジングが分割構造であれば、NKリングの装着がより簡易になります。

お問い合わせ

お問い合わせ

神戸本社

TEL
078-251-5300
FAX
078-251-5307
※FAXは2016年8月22日(月)より078-251-5307に変更となります。

東京

TEL
03-3662-1030
FAX
03-3662-1031

コタニ株式会社 本社は、
パッキン等シール製品の販売において、ISO 9001認証を取得しております。(JQA-QMA14990)

  • JQA-QMA14990 JAB CM009
  • JQA-QMA14990 UKAS 091