Oリングの基礎知識

Oリングとは

断面がO形(円形)の環状パッキンで、溝部に装着して適度に圧縮し、油、水、空気、ガスなど、多種多様な流体が漏れるのを防ぎます。

Oリングの特徴

  1. 装着部分容積が小さいので、小さなスペースですみます。
  2. 構造が簡単であり、容易に取り外しが行えます。
  3. 材料の種類が多く、広い温度範囲(-60℃~+220℃)で使用が可能です。
  4. 両側からの交互圧力にもよくシール機能を果たすことができます。

Oリングのつぶし代とスキマについて

つぶし代

運動用にOリングを使用する場合のつぶし代は、密封効果、しゅう動抵抗、圧縮永久歪などに大きく影響しますので、必要最小限におさえなければなりません。
運動用でとくにスピードの速い場合、潤滑条件が悪い場合などには、つぶし代を一般の運動用Oリングよりさらに小さめにしてください。

スキマ

Oリングは、低圧の状態ではつぶし代により密封し、圧力が高くなるにつれて変形し、その緊迫力を増して密封します。
高圧になるとOリングは、ピストンとシリンダおよびロッドとスリーブとのスキマにハミ出しを生じ、損傷の原因となります。従いましてこのスキマは、できるだけ小さくなるよう設計してください。

Oリングの選び方

材質を選ぶ方法には多くの要素があります。まず使用環境として、温度、流体、圧力等がありますので、この条件を元にして選びます。
温度は下表にあります目安温度を参考にしますが、他の条件もある場合は余裕を持った帯域を選択してください。
流体について、下表に代表的な流体を表示してありますが、無い場合にはお問い合わせください。また、混合液、濃度の高い液体を使用する場合には、表示よりも厳しい条件となりますので、分からない場合にはお問い合わせください。
圧力は硬度、引張強さに関係します。一般的に高圧の場合には高硬度のものを選びますが、限界値を超えると破損の原因となりますので、目安として5MPa以上の圧力が掛かる場合には注意が必要です。10MPa以上になる場合にはご相談ください。

温度によるOリング選定ガイド

温度 適したOリング
高温(200℃以上) カルレッツ
パーフロ
テフロン被覆Oリング
テフロン
メタルOリング
中温(100~200℃)フッ素ゴム
シリコーンゴム
EPDM
HNBR
テフロン被覆Oリング
テフロン
低温(-50~100℃)耐寒フッ素ゴム
NBR
シリコーンゴム
テフロン被覆Oリング
テフロン
メタルOリング

Oリング交換の目安

基本的にOリングが著しく変形している時や著しく変質(硬化、軟化、膨潤など)した時、 Oリング表面にキズ、クラックが入った時は交換する必要があります。

Oリングの保存方法

  1. 直射日光のあたらない場所に保管してください。(紫外線と熱がゴムの劣化を早めます)
  2. 風通しが少なく湿度の低い場所で、湿気やカビなどを避けて保管してください。
  3. 冷暗所に置いてください。
  4. 高温の熱源に近いところには置かないで下さい。(熱によるゴムの劣化を早めます)
  5. 引っ掛ける、ぶら下げたりるなど、リングに応力がかかる状態での保管は絶対に避けてください。
  6. 包装を完全に行ってください。(ごみが付着したりキズがついたりするおそれがあります)

お問い合わせ

お問い合わせ

神戸本社

TEL
078-251-5300
FAX
078-251-5307
※FAXは2016年8月22日(月)より078-251-5307に変更となります。

東京

TEL
03-3662-1030
FAX
03-3662-1031

コタニ株式会社 本社は、
パッキン等シール製品の販売において、ISO 9001認証を取得しております。(JQA-QMA14990)

  • JQA-QMA14990 JAB CM009
  • JQA-QMA14990 UKAS 091