フッ素樹脂(テフロン)の特徴

フッ素樹脂(テフロン)の種類

1)FEP:四ふっ化エチレン・六ふっ化プロピレン樹脂

  • 四ふっ化エチレンと六ふっ化プロピレンとの共重合物で低摩擦性、非接着性はPTFEとほぼ同等、またPTFEに次いで耐熱性、対寒性、対候性、耐薬品性および電気的性質が優れていて、電気部品、ガスケットなどPTFEとほぼ同様の工業材料として用いられている。
  • 連続使用温度は200℃以下である。

2)PFA:パーフロロアルコキシポリマー

  • 側鎖にパーフロロアルコキシ基を有するフッ素樹脂である。
  • 融点300~310℃、溶融加工が可能で、連続使用最高温度の260℃でも機械的性質がかなり優れている。
  • 耐熱性のほか、耐薬品性、非接着性、低摩耗性、耐屈曲性などを有している。
  • チューブ、電線、射出成形品として機械、電気部品に用いられる。

お問い合わせ

神戸本社

TEL
078-251-5300
FAX
078-251-5307
※FAXは2016年8月22日(月)より078-251-5307に変更となります。

東京

TEL
03-3662-1030
FAX
03-3662-1031

コタニ株式会社 本社は、
パッキン等シール製品の販売において、ISO 9001認証を取得しております。(JQA-QMA14990)

  • JQA-QMA14990 JAB CM009
  • JQA-QMA14990 UKAS 091