INTERVIEW 09 インタビュー


 

 

先輩やお客様に期待してもらえることが一番の成長の機会です!

 

2021年入社
営業 
池原暁羽

 

  • 入社のきっかけを教えてください。

    コタニのことはエージェントさんからの紹介で初めて知り興味を持ちました。就職活動を進めていく中で、自分は事務よりも営業の方が向いていると思い、営業で幅広く探している中でコタニと出会いました。
    コタニが取り扱っているパッキンとかシール材の話を会社説明会で聞いて、自分の知らない世界があること、すごく世の中の役に立っているけれど、あまり気づかれていない、知る人ぞ知る商品という点がおもしろいなと、とても魅力を感じました。
    そして、選考が進んで行く中でコタニは他の企業と違って、特に社長にそれを感じたのですが、学歴とか資格とかそういうことではなく、私という人間について興味を持って質問をしてくださり、それがすごく好印象で、コタニに入りたいと思うようになり、またご縁があって入社となりました。

  • 学生時代、どんな会社に就職するのが理想だと思っていましたか?

    将来の年金の心配とかもあり、とにかく安定していて、収入は高ければ高い方がいいと最初は考えていました。ただ、学校の先輩から聞いたのですが、すごく給料が良いところに入ったけど、全然誰もサポートしてくれないし、一年で辞めたという先輩がいて、給料だけで決めるのもちょっと違うなぁと思い始め、そこからは、もちろん給料も大切ですが、ちゃんとサポートをしてくれるとか、理不尽に怒られたりしないとか、心の負担になることが少ないところがいいのかなと思うようになりました。
    あと安定ということについて、コロナ禍ということもあって、今年は採用辞めますとかそういった企業が多かった中で、業績が悪化したらすぐ潰れるかもみたいなところは厳しいなと、やっぱり安定しているところに入りたいと余計にそう思うようになりました。
  • 学生時代、大企業にはどんなイメージを持っていましたか?

    安定しているというイメージがやはりありました。また、その企業の色みたいなものが色濃く出るような、どこどこの会社の人はこんな人ばかりと、その色に染まらないといけないのかなというイメージがありました。あとは給料が良くて、大企業であれば国からの目も届きやすくて、ホワイトなイメージで、めちゃくちゃな残業とかはないかなと思っていました。

 

 

  • 学生時代、中小企業にはどんなイメージを持っていましたか?

    中小企業は大企業と比べると給料は少なめかなぁと思っていました。あとはドラマとかを見ての印象ですが、大企業の下請けとかだとちょっと大変そうかなと。大企業から言われたら絶対に従わないと切られる!みたいなイメージはありました。それから、大企業と違って規律がしっかりはしていないのかなというイメージも持っていました。
  • 社会人になって1年、大企業について同級生の様子などからどんなことがわかりましたか?

    友人で大企業に行った人があまりいないんですけど、大企業のお客様のところに訪問していて感じたのが、大企業だと自分の意見を通すのにすごく時間がかかるということです。こちらから「これいかがですか?」とご提案して、相手も気に入ってはくれているのですが、そこから上司に聞いて、稟議を出して、上から承認をもらってと、道のりがすごく長いなぁと思いました。私が直接関わっているところだけでもそういった印象を強く受けるので、おそらく社内では同じような流れがたくさんあるんだろうなと思いました。
  • 社会人になって1年、コタニ以外の中小企業について同級生の様子などからどんなことがわかりましたか?

    給料に関しては正直、多分すごく高いわけではないと思います。大企業と比べるとどうしても見劣りする部分はありますが、ただ、中小企業は大企業と比べて、上との距離が近いと思います。それこそ、先程の大企業の決定までのすごく長い道のりと比べると、例えばコタニの場合であれば、社長と廊下ですれ違ったときに、私が「こうした方がいいと思います」といったことを直接すぐに伝えることも可能で、また、小谷社長は私たちが言ったことに対して、OKでもOKじゃなくてもレスポンスをくれたり、一度考えてもらえたりとかするので、物事が決まるまでのスピードは中小企業の方が速いと思います。あとは、大企業では新人の子がどんなことを考えているのか社長には伝わらないか、伝わるにしても長い道のりがあるので、だんだんと薄れてしまうと思いますが、中小企業であればダイレクトに伝わると思います。
  • 社会に出て1年経ってわかる、大企業や他の中小企業と比べたコタニの良いところはどんなところですか?

    社長の人柄だと思います。面接のときからそれは感じていましたが、新人に対してでも意見や考えを聞いてくれる人だと思います。それが社風にも出ているのか、新人でも意見を出しやすい環境があると思います。
    それから、研修がしっかりしているというのもコタニの良いところだと思います。また、研修だけでなく、先輩たちからけっこうサポートもしていただけて、そういった新人に対する教育訓練はとてもしっかりしていると思っています。
    あとは、他の中小企業がどうかわかりませんが、コタニは大手企業とも対等に取引ができていると思います。学生時代に見たドラマのように、中小企業は大企業に絶対従わないといけないとか、ずっとヘコヘコしてないといけないとか、そういったことが一切ありません。むしろ大企業のお客様からも、コタニは一取引先として見ていただき、大企業のお客様から、無理な納期のご相談のときも「やれ!」ではなく、「すいません。ちょっと協力してもらいたいんですけど・・・」という感じで、また、普通にお礼も言ってくださいますし、ドラマとは違う世界があります。

  • コタニで実現したい夢、目標はどんなことですか?

    まだまだ先輩方に迷惑をかけてばかりなので、一日も早く独り立ちと言いますか、しっかり仕事を覚えて、全部自分でできるように、周りに貢献できるようになりたいと思っています。また、後輩が入ってきたときに、今の先輩達のようにしっかりフォローができるように、安心して頼ってもらえるようになりたいと思っています。
  • 学生さんに対し、大企業に行くにしても中小企業に行くにしても、就職先を選ぶポイントとして、何を大事にしたらいいと思いますか?

    やっぱり研修やサポートがしっかりしている会社を選ぶのがまず大事だと思います。就活中はそこまで強く意識はしていなかったのですが、実際に社会に出て働くようになって、ここは本当に大事だなと実感しています。
    それから、就職先を探すときに、自分が好きなものとかにそこまでこだわらなくていいんじゃないかなぁと思っています。もちろん、全く興味がないとか、嫌いなものに手を出す必要はありませんが、あまり好きにこだわりすぎると、ちょっと幅が狭まってしまいます。好きなことよりかは、自分ができそうなこととか、何か得意そうなことに目を向けた方が視野も広がります。例えば、人と話すのはとっても苦手だけど、化粧品が大好きだから美容部員になる!というのは、ちょっと難しいかなとも思ってしまうので、好きは好きで置いておいて仕事以外のときに楽しめばいいと思いますし、あんまり好きにこだわりすぎず、幅広く見るのがとても大事だと思います。
  • 最後に自分自身の強みをどう活かせていますか?

    私の強みは、相手との距離感を意識できることだと思っています。それをより磨くことで、相手の望んでいることを正確に察知し、提案力の向上につなげていければと思います。

他の社員のインタビューを見る