一覧に戻る

-20℃~900℃対応可!板金加工なしで配管の温度を一定に保てます!

 

こんにちは!コタニの営業担当、西村です。

今回は私が担当です。よろしくお願いいたします。

 

 

さて、先日、とある化学メーカーのお客様から

こんなご相談をいただきました。

 

「配管に流れる冷水の温度を一定にしたいのですが、

何かいい方法ありませんか?」と。

 

その化学メーカーさんでは、工場内で冷水が流れる配管、

バルブをご使用されているのですが、気候の影響を受けやすい

ようなのです。

 

夏場になると、冷水が常温になってしまう・・・。

反対に冬場になると、バルブ自体が凍結してしまう・・・。

 

どうにかして冷水の温度を一定にしたまま

流し続けることができないものかと悩まれていました。

 

 

一般的に考えられるのは、

配管自体の板金加工です。

 

ただ、それだとコストが高い上に、

一度、加工をしてしまうと元に戻すのに大きな手間がかかります。

 

そこで、私からご提案させていただいたのが

配管用の保温カバーです。

 

こちらは特殊な素材でできた保温カバーなのですが、

マジックテープで容易に着脱ができるため、

メンテナンスも簡単に行えます。

 

また、特殊な素材は使っていますが、配管の加工よりも

何倍も安価にできます。

 

◆板金加工

コスト:高い ×

メンテナンス:困難 ×

 

◆保温カバー

コスト:安い 〇

メンテナンス:容易 〇

 

 

そのサイズも、各種メーカーの規格に対応しており、

今回の化学メーカーさんの配管のサイズのものもありました。

 

ちなみに、規格外の特殊なものでも、

現地で採寸をしてもらい作っていただくことも可能です。

 

そして、今回の化学メーカーさんは、

まず、バルブ用で保温カバーをご購入いただいたのですが、

すぐに続けて、フランジ用のものもご購入いただきました。

 

対応可能温度は、-20℃~900℃と広範囲です。

 

配管内の水温を一定に保ちたい、凍結を防ぎたい、

結露を防ぎたい、保温のための無駄なコストを抑えたいなど、

配管の保温関係でお悩みを持たれていましたら、

是非、お気軽に、

私、西村までお問い合わせいただければと思います。

 

お待ちしております!

 

 

コタニ営業担当

西村勇哉

 

 

 

お問い合わせフォーム

 

個人情報保護方針