一覧に戻る

号外

■発行日:2010年1月1日発行  NO.02-17

新シール概論(特別編)

新しい年を迎えるので、今月号は、特別号にします。 以前(21年4号)で記載しました本との出合いについて、お書きします。
これは、一種の執念のような話かもしれません。その本とは「Fluid Sealing Technology:principles and applications」です。(著者はMüller博士とNau博士です)
当然、大型書店から取り寄せることは、可能ですが、約2万5千円とは、高額すぎて、リタイヤした者としては、購入は難しいことです。
もともとは、以前に紹介したとおり、Googleのブック検索から得たものですが、どうしても全体を読みたいとのことで、何処かの図書館にないだろうかとの単純な発想で、取り敢えず、図書の充実している大阪府立中央図書館に行きました。(噂であるらしいと聞いたのも事実ですが、もう少し前に同図書館のHPを詳しく調べることが必要だったのですが、無鉄砲者ですので、行くことしか頭になかった。)
しかし、残念ながらその本はありませんでした。しかし、この図書館の立派さと蔵書の多さに驚きました。相談したとところ、蔵書についての検索では、大阪図書館内ともう一つ横断検索(府内の公共図書館―大学も入る)で、調べてもらうと関西大学にあることが判明しました。
そこで、閲覧する方法は、2つの方法があります。一つは、同大学の卒業生(筆者は該当せず)であるか、公共の図書館からの紹介書があれば、閲覧できることが判明しました。しかし、筆者は神戸市にいるので、また大阪の図書館まで来るのは、時間とお金が無駄ですので、神戸市の図書館に行くことにしました。次の日に、近くにある神戸市灘区図書館に出向き、依頼しました。

 

しかし、照会書は、多分、神戸市中央図書館の扱いになるので、約1週間程度必要であるのと同時に、当然、関西大学での同本の利用状況もありとのこと即答はできないとのことで、依頼書を提出しました。
また許可になった場合の訪問する日程も限定しておきました。
1週間後、電話で確認すると了承を得られとのことで、取りに行きました。
神戸市中央図書館 館長発行の「貴館資料の閲覧利用について(依頼)」の紹介書を無事入手できました。
直ちに決めておきました日に関西大学に行き、無事閲覧できました。同大学の図書館は立派で、蔵書も感激を受けるほど充実していました。
最近の学生は勉強しようとすれば、幾らでもできるとの確信を得ました。
またこの本の必要な箇所のコピーも許可されましたので、約100頁をコピーしました。(これで、1冊購入したと同レベルとなりました)(コピー代は1枚10円と格安でした)
これが、今回の経緯ですが、努力すれば報われるとのことでした。(続く) 

 

コタニ株式会社のホームページの紹介
是非、一度同社のホームページを見てください。様々なシール製品に関する情報はもちろん、新製品のコーナも充実しています。
また、カタログや技術資料も入手できます。お待ちしています。
http://www.kotanikk.com です。