一覧に戻る

無電極ランプの処分、廃棄方法について

無電極ランプは微量の水銀が発光管に封入されています。そのため水銀使用製品産業廃棄物に該当し、廃棄の際には下記の内容にて分別して処分する必要があります。

 

無電極ランプの部分別処分方法について

発光管の処分方法:指定の業者に依頼して処分(水銀使用製品産業廃棄物として処分)

発光管以外の処分方法:産業廃棄物として処分

 

 

 

 

 

 

←分別図

 

 

無電極ランプの分解手順について

発光管とそれ以外に分ける手順は以下の通りです。※器具はNK150にて

①プラスドライバーを使って前面カバーを固定しているねじ(計10ヵ所)を外し全面カバーを開ける。

※緑の●はねじの場です

 

ネジを外す前→ネジを外した後

 

 

 

②プラスドライバーを使ってコイルを固定している部分(2ヵ所)のねじを外す。


 

③発光管に繋がっている線を切り離し発光管とそれ以外の部分に分ける

 

 

 

④分別完了後の発光管

 

 

無電極ランプの処分における弊社のサービス

無電極ランプの処分につきまして弊社が承ることも可能です。
廃棄業者での処理は基本的に1リューベでの計算が多いですが弊社では1台から引き取り可能です。下記のフローにてご対応いたします。

①使用済み無電極ランプを梱包(解体作業は必要ありません)

②器具を弊社が引き取りもしくは郵送

③処分業者に委託し処分

 

注意点

・処分にあたってマニフェストが必要な場合、業者との直接のやり取りを推奨いたします。

・処分については県や市の定めている規定に従う必要があります。

お問い合わせフォーム

 

個人情報保護方針

記事はありません

一覧へ