戻る

デュポン™ カルレッツ®

パーフロロエラストマー

デュポン™ カルレッツ®

耐熱性 耐薬性 異物混入対策品

カルレッツ® パーフロロエラストマーは、米国デュポン社が開発した新しいエラストマー材料です。このエラストマー材料は、テフロン™フッ素樹脂のもつ優れた耐薬品性、従来のフッ素ゴムを上回る耐熱性を有し、さらにゴムの持つ弾力性を兼ね備えた画期的な製品で、世界でデュポン社だけが製造・販売しています。

カルレッツ®の用途例

  • 充填ノズル(バルブ)などの特殊シール
  • オートバルブの弁座シール
  • 乳化機などの高圧部分
  • 薬液ポンプなどのメカニカルシール用Oリング
  • 殺菌機用のパッキン
  • のぞき窓(サイトグラス)用パッキン
  • 洗浄、殺菌用薬品の原液部分

おもに使用される業界

工業材料・素材、自動車、化学・石油、民生用電子機器、建築・土木・エンジニアリング、半導体・液晶、食品・薬品製造業

 

カルレッツ® パーフロロエラストマーの耐熱特性

カルレッツ®製品の持つ高い耐熱性能

カルレッツ®以外のエラストマーでは、フッ素ゴム、シリコーンゴム、他社製パーフロロエラストマーなどが比較的耐熱温度が高く約200℃までの温度に用いられますが、200℃以上の温度に対してはカルレッツ®のみが使用可能の実績があります。

材質カルレッツ®7075はカルレッツ®の各種グレードの中で最も耐熱温度の高いタイプ、カルレッツ®8475は白色で熱線(赤外線)の吸収が少なく、シール特性、放出ガス特性を向上したタイプ、カルレッツ®8002は充填剤の入っていないノンフィラータイプ、カルレッツ®8575は耐プラズマ性も兼ね備えたタイプ、カルレッツ®4079は約30年の実績を持つ耐熱材料です。尚、カルレッツ®とフッ素ゴム、他社製パーフロロエラストマーとの耐熱特性について比較したデータを掲載いたします。

カルレッツ®の耐熱グレードの耐熱特性

材質耐熱温度(℃)

圧縮永久ひずみ(%) 204℃、70時間

Kalrez®707532715 (AS568A、214Oリングのテストによるデータ)
Kalrez®407931625
Kalrez®1050LF28835
Kalrez®847530023 (AS568A、214Oリングのテストによるデータ)
Kalrez®800227515 (AS568A、214Oリングのテストによるデータ)
Kalrez®910030017

カルレッツ®パーフロロエラストマー 圧縮永久ひずみ/シール保持力比較

圧縮永久ひずみ 204℃

シール保持力 200℃(ISO 2264 : 1991,MethodA,214 O-ring)

総放出ガスレート VS 温度

※Dupont Performance Elastomers Proprietary Test Method using AS568 K214 O-ring test specimens