戻る

NKリング

フッ素樹脂被覆Oリング

NKリング

耐熱性 耐薬性 海外認証 NES社

NKリングは、バイトン®またはシリコーンゴムをFEPまたは、PFAのジャケットで完全に包んだ(被覆した)、英国のNES社製の固定用シール(ガスケット)です。

NKリングとは

NKリングは、フッ素ゴム(黒色)やシリコーンゴム(赤色)をフッ素樹脂FEP、またはPFAのジャケットで完全に包んだシール(ガスケット)です。 フッ素樹脂で被覆することにより、耐薬品性や表面平滑性にすぐれ、不純物の溶出もきわめて低レベルです。クリーンな環境が必須の半導体生産ラインをはじめ、化学業界など多彩な分野での活用が可能となります。

英国ノーザンエンジニアリング社(NES)製

イギリスシェフィールドにあるシールメーカーです。コタニとは1990年より取引を開始し日本国内における独占販売契約を結んでいます。NES社はAS9100および、ISO9001を取得しており、高品質製品をお届けします。

使用範囲

7MPaの圧力、-60~+260℃の温度に使えます。

使用実績

ろ過器・メカニカルシール・低温機器・ポンプ・バルブ・フランジ・シリンダ・コンプレッサ・熱交換器・真空機器・ガス機器・食品機器 他

形状

形状、色から各種用途に合わせてお選びください。

 

 

 

NKリングの材質

フッ素ゴム(バイトン)

200~230℃といった高温下での長期連続使用が可能な耐熱性と、油、溶剤、酸、オゾンなどに対する耐性をあわせもったものです。

自動車、化学プラント、その他多くの工業用途おいて、従来の弾性体では使用に耐えられないハードな環境下でも高いシール特性、耐久性を発揮します。

シリコーンゴム

高度の耐熱性と耐寒性をもっています。

パッキン、ガスケット、オイルシール、工業用ロール、防振ゴムなどの耐熱・耐寒性の用途及び電気絶縁用、医療用素材などに適しています。

FEP(Fluorinated ethylene propylene copolymer)

押出成形によりなめらかなピンホールの少ないチューブを得ることができます。連続使用耐熱温度は204℃で耐薬品性、非粘着性に優れ、NKリング被覆材の標準材料となっています。

PFA(Tetra fluoro ethylene-perfluoro alkylvinyl ether copolymer)

幅広い温度領域で、機械的強度を維持。安定した状態で使用できます。直射日光、風雨などによる機能低下や劣化が少なく、長期間の屋外曝露による特性の変化も起こしません。誘電率、誘電正接がきわめて低く、信頼性が重視されるエレクトロニクス分野の絶縁材料に適しています。

成形品の表面平滑性向上により、すぐれた光透過性を発揮します。通常雰囲気で引火点がなく、不燃材料としてさまざまな用途への展開が可能。 低摩擦性、非粘着性にすぐれ、また成形品の表面平滑性を向上させることで、流動体の抵抗を小さくするなどの効果を発揮します。

半導体製造装置、純粋供給装置に使用する高分子材料としては最適。ごくわずかな不純物が、装置自体の腐食や、製品の純度におよぼす影響を抑えます。

NKリングへのよくある質問

耐薬品性のデータはありますか?

NKリングは、FEPまたはPFAによる完全被覆製品ですので、耐薬品性はそれらの耐性と同じです。サイズ不問であればサンプル提供も可能ですので、耐薬品性を試されたいという場合は是非お問合せください。

規格品サイズの製作できますか?
日本のJIS規格やアメリカのAS規格に準じたサイズを製作できます。
規格外サイズの製作できますか?
決められた線径と最小内径以上であれば、どんなサイズでも製作できます。
リードタイムはどのくらいでしょうか?

FEP被覆の規格サイズであれば、弊社で一部在庫しております。在庫があれば3日間ほどでお届け可能です。在庫が無い商品は受注生産となり、納期に約2ヶ月かかります。

カルレッツと比べて価格は?
安価です。特に大きなサイズになればなるほど、カルレッツと比較してかなり安価での金額で購入いただけます。
運動用に使用できますか?
表面の樹脂が硬く、運動用としてはシール性が不十分なことがあるため、あまりお奨めしておりません。また樹脂部が削れて被覆材が破れてしまう可能性もあり、 相手面の動く速度や頻度により使用可能か判断させていただければと思います。
他社同等品と比べて何が違いますか?
NKリングは被覆材のフッ素樹脂と中芯のゴム材をNES社で製作しているため、被覆材と中芯の間に隙間がなく非常に高品質です。また日本の代理店である弊社で在庫として持っている商品もあるため、短納期で納品することが出来ます。レスポンスも非常に早いです。
大きさに制限はありますか?
各線径の最小内径以上であれば、サイズに制限はありません。内径3000mm以上のNKリングを納めている実績もございます。
PTFEはできますか?
被覆材はFEPとPFAの2種類になり、PTFEは対応しておりません。PTFEは性質上、完全に融解しないため、金型に流し込んでチューブの成型が出来ないためです。
中のゴム材料の種類は何がありますか?
FKM(フッ素ゴム)とVMQ(シリコーンゴム)が標準品となっています。ご希望であれば、EPDM(エチレンプロピレンジエンゴム)でも製作できます。
FEPとPFAの違い何ですか?
PFAは、FEPと比較して、物理的特性に優れています。データ等で比較いただけます。
最小ロットはありますか?
FEP被覆の規格サイズは1本からご購入いただけます。FEP被覆の規格外サイズとPFA被覆の商品は最小ロットがあります。サイズなどで数量が異なりますので、お問合せください。
在庫はありますか?
FEP被覆の規格サイズは在庫を持っています。受注状況によって在庫切れのときもございますので、検討の際はお問合せください。

NKリングのサイズと耐薬品性

NKリングのサイズ(mm)

太さ許容差製作可能最小内径標準型
フッ素ゴムシリコーンゴム
製作可能最小内径 中空型
フッ素ゴム シリコーンゴム
外被覆厚 (FEP・PFA)
1.60±0.105.00N/A0.22
1.785.288.00
※フッ素ゴムでは製作不可
0.24
2.006.8010.000.26
2.40±0.127.4012.000.32
2.507.4012.000.32
2.627.6016.000.34
3.00±0.1512.0020.000.34
3.4012.5023.000.35
3.5313.0024.000.35
4.00±0.2514.0028.000.39
4.2514.5032.000.40
4.5015.0035.000.40
5.0020.0042.000.48
5.3422.0048.000.50
5.5023.0050.000.50
5.7024.0060.000.50
6.00±0.3027.0075.000.50
6.3538.0090.000.50
6.5045.0095.000.52
6.9948.00100.000.55
8.00±0.4072.00150.000.58
8.4076.00160.000.58
9.0095.00175.000.63
9.52105.00200.000.70
10.00±0.50110.00230.000.74
10.50112.00240.000.77
11.10115.00250.000.77
12.00120.00300.000.78
12.70130.00350.000.80
14.00±0.60180.00390.000.80
14.30180.00390.000.80
15.00250.00400.000.84
15.90±0.70280.00450.000.86
18.00±0.80325.00475.000.90
19.05±0.90350.00500.000.90
20.63±1.00400.00550.000.93
25.40±1.20425.00600.001.05

耐薬品性

下記の酸・アルカリ・溶剤などに使用できます。 それ以外の流体については、ご相談下さい。

 

  • アビエチン酸
  • 酢酸
  • 無水酢酸
  • アセトン
  • アセトフェノン
  • 無水アクリル酸
  • 酢酸アリル
  • メタクリル酸アリル
  • 塩化アルミニウム
  • アンモニア水
  • 塩化アンモニウム
  • アニリン
  • ベンゾニトリル
  • 塩化ベンゾイル
  • ベンジルアルコール
  • ほう砂
  • ほう酸
  • 臭素
  • ノルマンブチルアミン
  • 酢酸ブチル
  • メタクリル酸ブチル
  • 塩化カルシウム
  • 二硫化炭素
  • セタン
  • 塩素
  • クロロホルム
  • クロロスルホン酸
  • クロム酸
  • シクロヘキサン
  • シクロヘキサノン
  • フタル酸ジブチル
  • ジブチルセバケイト
  • ジェチルカーボネイト
  • ジメチルエーテル
  • ジメチルホルムアミド
  • ジイソブチルアジペート
  • ジメチルヒドラジン
  • ジオキサン
  • 酢酸エチル
  • エチルアルコール
  • エチルエーテル
  • エチルヘキソエート
  • 臭化エチレン
  • エチレングリコール
  • 塩化鉄
  • りん酸鉄
  • フロロナフタレン
  • フロロニトロベンゼン
  • ホルムアルデヒド
  • ぎ酸
  • フラン
  • ガソリン
  • ヘキサクロロエタン
  • ヘキサン
  • ヒドラジン
  • 塩酸
  • ふっ化水素酸
  • 過酸化水素
  • 塩化マグネシウム
  • 水銀
  • MEK
  • メタクリル酸
  • メタノール
  • メチルメタアクリレート
  • ナフタレン
  • ナフトール
  • 硝酸
  • ニトロベンゼン
  • 2-ニトロブタノール
  • ニトロメタン
  • 四酸化窒素
  • 2-ニトロ2メチルプロバノール
  • ノルマルオクタデシルアルコール
  • 動植物油
  • オゾン
  • パークロロエチレン
  • ペンタクロロベンズアミド
  • パークロロキシレン
  • フェノール
  • リン酸
  • 五塩化りん
  • フタル酸
  • ピネン
  • ピペリジン
  • ポリアクリロニトリル
  • 酢酸カリウム
  • 水酸化カリウム
  • 過マンガン酸カリウム
  • ピリジン
  • せっけん、洗剤
  • 苛性ソーダ
  • 次亜塩素酸ナトリウム
  • 過酸化ナトリウム
  • 溶媒(脂肪族、芳香族)
  • 塩化第一錫
  • 硫黄
  • 硫酸
  • テトラブロモエタン
  • テトラクロロエチレン
  • トリクロロ酢酸
  • トリクロロエチレン
  • りん酸トリクレシル
  • トリエタノールアミン
  • メタクリル酸ビニル
  • キシレン
  • 塩化亜鉛

 

NKリングの耐熱性

選択可能な材質にはいくつかの組合わせがあり、使用目的に従って選択を行います。
弊社では材質の選択に関するアドバイスを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

材質画像詳細温度範囲
Viton® 芯材、FEP被覆

特殊製法によるViton® 芯材の非常に低い圧縮永久歪みにより、この組合わせが最良のシール特性を発揮します。
極度の高温、あるいは低温になる場合を除き、Viton® 芯材が第一の選択肢となります。

-20 ~ +204℃
シリコーン芯材、FEP被覆

シール材としては、理論的にはViton® に劣りますが、シリコーンにはViton® よりも低温で機能することが出来るという利点があります。

-60 ~ +204℃
Viton® 芯材、PFA被覆

この組合わせの長所は、PFA被覆により高い耐磨耗性が得られることです。

-20 ~ +204℃
シリコーン芯材、PFA被覆

シリコーンとPFAの組合わせは、適用温度が非常に幅広く、特に高温における柔軟性に優れています。

-60 ~ +260℃
中空シリコーン芯材、FEP被覆この組合わせは、低荷重での装着が必要な場所、つまりガラス器具、あるいは同様の壊れやすい器具に使用します。
中空でない芯を持つリングよりも簡単にシールを圧縮することが出来ます。
-60 ~ +204℃
中空シリコーン芯材、PFA被覆

これも「中空シリコーン芯材、FEP被覆」と同じ用途ですが、より高温に対応可能です。

-60 ~ +260℃

 

NKリング硬さ比較

フッ素樹脂を被覆しているNKリングは一般的なOリングよりも硬いのですが、どれくらいの硬度があるのか 実際に以下3点のOリングで比較してみました。

  • NRB Oリング
  • テフロン Oリング
  • NKリング

またNKリング単体動画も撮影しました。

PTFE Oリング、NKリング、 NRB Oリングの硬さ比較

 

NKリングの硬さ

 

NKリングはお湯に浸すと柔らかくなり器具に装着しやすくなります。
今回は実際に60度のお湯に3分浸けてどの程度柔らかくなったのか実験してみました。

NKリングをお湯に浸けてみました

ノーザンエンジニアリング社 紹介動画

NKリング製造会社のご紹介です。

 

 

NKリングの装着説明

NKリングの正しい取り付けは、シールの寿命を長く持たせるためには欠かせません。
報告されたシール破損の90%は、取り付けやハウジングの設計などに問題があります。

溝内部

  1. シールが変形するおそれがある為、NKリングを溝口径にはめ込むことは難しいです。いちばん良い方法として、リングを60~70℃のお湯に10分間浸します。
    お湯からリングを取り出し、すばやく口径へ挿入し、慎重にリング最先端部分を溝の奥へ移動させます。
  2. その後、リングの後縁をしっかりと下部溝にはめ込み、リング先端部分を手前に引き戻しながら上部溝へ、パチンとはめ込みます。
    リングがまだ温かくて柔軟な間に、すぐ軸を挿入してください。
  3. より小さなハウジングへの装着の際、特定の装着治具を利用する場合があるので、必要ならば、製造の詳細をご連絡下さい。

外部ピストン

NKリングを一体構造のピストンヘッドタイプの溝に取り付ける場合、「装着円錐」を利用することは可能です。前述のようにリングをお湯に浸し、その後すばやく円錐に沿って均一に押しながら、溝へ落としはめ込みます。

 

矯正リングを用いて、外からの圧力を加えること、正しい直径に戻すようにすることが必要になるかもしれません。これは、真鍮または硬質のプラスチックで作られた円錐が、いかなる端や角をなめらかにする事で可能になります。溝の角で、もし不完全にばりや鋭い端があれば、早期Oリングの破損原因になるのを防ぎます。もし、ハウジングが分割構造であれば、NKリングの装着がより簡易になります。

フォームを出力する